‘MG Z Plus’ カテゴリーのアーカイブ

Z+::洗浄

2006年5月25日 木曜日

本日はZ+を洗浄しました。

うーーん。いい感じ。
でも、スジ彫りが甘いところを発見したし、モールドにやり忘れもあった。明日は、この辺をやるつもり。
土曜日にサフをしたかったけど、どうも雨みたい。。。せめて、日曜日は晴れてくれ。

Z+::ディテールアップ ~ ピンバイスで穴あけ ~

2006年5月24日 水曜日

ディテールアップと呼べるのかどうかわからないけど、パーツのあちこちにピンバイスにて穴をあけてモールドをイメージしてみました。
ピンバイスの径は0.6mmを使用しました。
こいつが使用後の左足だよw

ほんとは、メタルビーズを少し入れたかったんだけど、今回をパス。理由はメタルビーズの径(1.3mm)に合致するピンバイスの針を持ち合わせてなかったからというオチです。
明日は全体は1000番にてペーパーがけ、ならびに洗浄します。
塗装の準備が着々とできてきました。
やっと、憂鬱だったZ+が終わりそうだ。

Z+::プラ板でモールドなんぞを作ってみた。

2006年5月22日 月曜日

Z+の定番の修正ポイントを今日はやってみました。
(1) 頭部後ろのエリ(?)の部分が味気ない
(2) ウィングの5mm程度の凹段差の中の合わせ目が消しにくい。
(1)の箇所はディテールアップの見せ所なのですが、残念なことに、私にはインスピレーションというのがないので、プラ板にて、「なんかディテールアップしている?」みたいな感じで仕上げました。
(2)については、ほとんどの方はプラ版にて隠しているようでしたので、私もそれに従いました。
ということで、現物をば。

(1)の部分ですが、
まず、下に0.5mmプラ版を敷き、その上に長方形に切ったプラ板を対角線に切り、出来上がった4つの三角形を貼り付けました。それと丸バーニアの小さいやつをつけました。まぁ、なんてセンスのないこと。。。
(2)の部分ですが、ちとわかりにくいですが、凹段差をプラ版で埋めてます。
(1)、(2)についても接着剤が乾燥したら、軽く紙やすりにて調整する予定です。
明日はピンバイスにて穴あけるど!!(どこの方言だw)
追記:
みそじサークルにて、TOPコートはどうやってするのと質問してみたところ有益な回答を頂いたので、こちらにも転載。
・クレオスの瓶の「スーパークリアつや消し」がお奨め
・1:3~1:4に希釈
・瓶でもやっぱり白っぽくなる(腕次第!?)。(対スプレー缶)
・目的は塗装面の保護(デカールの保護を含め)や表面のつやの均一化
・半光沢もいいらしいw
・缶は圧が高くダレル可能性が高いので、お勧めできまない。
なるほどですね。ブラシでサフ、塗装、TOPコートまでやってしまえるんですね。
恥ずかしながら知りませんでした。先日サフのことを教えてもらい、本日TOPコートを教えてもらいました。
いやー無知ですね。勉強が足りませぬ。でも、白無垢の方が使い物になるらしいですよ(自分に対する褒め言葉)。

来週の塗装に向けて着々と

2006年5月21日 日曜日

ディテールアップを除いて、一通り作業が終わったので組み上げてみた。
ガーン!だめだめだぁーーー!
やっぱ、組みながら確認しないと駄目なんですね。
ということで、毛羽立っているところとか、ペーパーがけがあまいところ修正。
来週末までのTODOは以下。
・頭部の後ろの部分をディテールアップ
・ピンバイスで穴あけしてアクセントを出す
・羽の内溝をプラ版で埋める
がんばるでーーー!

頭部が完了

2006年5月16日 火曜日

合わせ目消しが完了しました。
合わせてアゴのラインの変更や、頬を薄くしました。

あとは、ディテールアップだw

パテ埋め(再)

2006年5月14日 日曜日

先日のパテ埋めで完全でなかった箇所を再パテ埋め。

・ウィング2枚
・足の付け根2枚
あとは頭部の合わせ目を消したら、基本工程は終わり。
ディテールアップは、はじめてメタルビーズを少し使ってみたいと思ってます。
それと、三十路もでら~ずの掲示板でJUNKY さんから、「細いスジ入っているカス」のとり方を教えてもらいました。歯ブラシに洗剤つけて水洗いすれば取れるそうです。私は水洗いなしの歯ブラシだけでやっていたのでNGだったのか。。。
JUNKY さん、ありがとうw。

スジ彫りの続き

2006年5月14日 日曜日

昨日の続き。
今日は甘いと言われている既存のスジを紙やすりでひたすら消しました。

写真ではわかりにくいですが、甘いスジはかなり消えました。これでスジが細くなったYO。 なるほど、こうゆう技があるんですね。しかし、細いスジ入っているカス(紙やすりで擦った時に発生したもの)はどうやってとるのだろう。。。誰かに聞いてみよう。

スジ彫りは難しい

2006年5月13日 土曜日

Z+のデフォルトのスジ彫りは甘いということらしい。
甘いという表現は、溝がシャープでないこと(?)と理解して本日の作業を開始。
甘いスジ彫りは、そのスジに沿って細いスジを罫書き針やナイフで彫ればよいらしい。
ほんでもって、罫書き針を用いてやってみたが、はみ出ること、はみ出ること。
定規やテープなどでやってみたけど、はみ出たり、曲がったり。。。
でも途中からなんとなくコツがわかった。
軽く何度も何度も削ればずれないですね。そういえばHowTo本や色んなサイトに書いてあったなぁ。忘れてたよ。
終わりごろになって、何とか満足いけるぐらいになった。これも経験を積み重ねればうまくいくのかな。

ということで、本日は甘いスジ彫りの上にシャープなスジを追加しました。
明日以降は、紙やすりで甘いスジを消して、シャープなスジだけを残す作業をしたいと思います。
それと、ほんとは尖がっているだろうと思われる部位のエッジ出しをしたいと思います。

ヘッドをスリスリ

2006年5月11日 木曜日

Z+の頭をやすりと紙やすりでスリスリしました。
ヘルメット(?)はできるだけシャープに削りました。
でも、結構ヒケがあるので、パテで埋めないといけないみたいです。
それとフェイスはアゴの部分をシャープに。
そのほかの部分も同様にしました。あとは、段差の部分にスジ彫りを入れて別パーツに見えるようにしました。

あしたは全体的なスジ彫りかなぁ。
もしかしたら、うれしい(自分にとって)おしらせがあるかもしれませんです。

Z+の今後の予定

2006年5月11日 木曜日

空き時間にメモしておきます。
とりあえず、Z+の完成を目指すことを目標とする。
なので、あれこれしない。
○塗装までにやるべきこと。
・ヘッド弄り
・筋彫りを細く
・パテ盛り修正
○余裕があれば以下のことをしたい。
・足を前に稼動すると足の付け根が後ろの羽に干渉するのをなんとかしたい。
・V字立ちができないので、膝関節に左右に回転させるギミックを追加したい。
・メタルビーズ(どうしようか)。
RollOutさんのところに、かっこいいZ+があった。あとでURLを書いておこう。

MG 1/100 ゼータプラステスト機カラータイプ
バンダイ
売り上げランキング: 1,971
おすすめ度の平均: 4.5

4 飛行形態が格好いい
5 鮮やかなオレンジの映える白い機体