‘HGM ノイエ・ジール’ カテゴリーのアーカイブ

ノイエ・ジール::塗装(その2)

2007年10月14日 日曜日

眠い、眠い、秋の涼しさ。良いですね。
こんにちは。bulldogです。
今日はノイエをがんばりましたでつ。
こんな感じw。

今日は、スミ入れ、デカール貼り(ジオンマーク2箇所)、スパクリでオーバーコートの順で仕上げました。
その後、写真のように組み立てて出来上がりと思ったのですが、部品の紛失とやり残しを発見!
部品の紛失は右側のバーニアが1つ無くなっていたでつ。バンダイに注文するでありまつ。
あと、後部のアンテナの存在を忘れていたでつ。これは、メタルパイプにする予定でつ。
あと、おまけについている1/550のF2ザクとGP03ステイメンは、どうすっかなぁ。。
眠い、眠い。

ノイエ・ジール::塗装(その1)

2007年10月8日 月曜日

大分県地方は昨日から天気が悪いっす。塗装には最悪な日。でも、何とかキャッチャーを持っているから大丈夫!
こんちには。bulldogです。
約1年ぶりのノイエ・ジールです。最後の更新が昨年の11月5日で、Max塗装の下地処理で終わってました。そこからの続きとなります。
Max塗装をしようと思ってましたが、グラデーション塗装に変更しました。
塗装完了後の写真がこれです。

緑色の部分は三段階に分けて塗装しました。
1.ベースの下地の黒の上に何とかグリーンと何とかグレーを混ぜたものを吹きつけ。
 このとき、筋彫りや角の部分は黒を残すように塗装。
2.さらに、何とかグレーを多くいれ、薄いグリーンにし、1で塗った内側を吹きつけ。
3.さらにさらに、グレーを入れ、白に近づいた色を作り、光の当たる部分だけ吹きつけ。
バーニアは、艶あり黒を吹き付けた後に、シルバーを吹き、スパクリの艶ありで塗装。
隠し腕や、装甲の裏を黒をベースに吹き、軽くシルバーを吹きつけ、金属感をだしてみました。
あとは、スミ入れとデカール貼り、そして、スパクリ(つや消し)を吹いて出来上がりの予定です。来週末に実施予定です。

ノイエ・ジール::サフ吹き&MAX塗装のベース

2006年11月5日 日曜日

明日から死のロードのはじまりです。まずは、明日東京出張(品川)です。仕事以外に何もする暇ないです。でも、夜は飲むと思います。

こんばんはw bulldogです。寒くなってきましたね。今の季節が一番好きです。

今日は、ノイエのサフ吹きとMAX塗装のベース色まで塗りました。こんな感じ。

IMG_1111-1

まずは、1000番の瓶サフで全体を吹いた後にサフチェック。チェックも大体OK(アバウト)だったので、フラットブラックにて、
全パーツを吹きかけました。今は良い感じの色になってます。

次回は、装甲部分に基本色を吹きかけて、MAX塗装風にしてみる予定です。ちなみに、MAX塗装ははじめてです。とりあえず、
女子プラを見て予習かな。。。ちなみに、次回っていつのことだろうか。間違いなく来週は出来ないよな。。。

ノイエ・ジール::表面処理(捨てサフ)

2006年11月3日 金曜日

夕方の投稿で次にブログを書くのはいつの日かと書いておきながら、舌の根も乾かぬうちに記事をアップしますです。

こんばんわw。bulldogです。

久しぶりにノイエ・ジールを弄ってみました。最後に弄ったのは10月16日ですから2週間強ですね。
なんか懐かしい感じさえしてしまいます。やっぱり、ガンプラを弄ると気分が落ち着きます。

閑話休題。今日は表面処理をやってみました。こんな感じ。

IMG_1084-1

先日までは、サフ吹き(1回目)後、溶きパテを盛ったところまで終わってました。今日は、
その上から溶きパテ箇所を中心に600番でペーパー掛けし、ヒケやキズが入っていたところも一緒にキレイにしました。

その後、耐水ペーパー1000番にて水研ぎを行ないました。上の写真が水研ぎ後の写真になります。グロス塗装をするなら、
まだ1500番までしたほうが良いのでしょうが、今回はエセMAX塗装をする予定ですのでココまでとします。これでも表面はスベスベです。

次回は2回めのサフ吹きの予定です。サフ吹き後、表面に問題がなければ、MAX塗装のベース色を吹きたいと思ってます。

 

 

ノイエ・ジール::溶きパテ

2006年10月16日 月曜日

今日から新天地に初出社です。不安と希望の1日でした。これは、「我輩はプログラマーである」にまとめています。宜しかったら、覗いて見てくださいw。

こんばんはw bulldogです。初日は早く帰れましたので、やっぱりガンプラを弄りました。

今夜は溶きパテの巻です。先日のペーパー掛け&サフ吹きで発見した傷などを溶きパテで埋めたいと思います。

IMG_1070-1

TAMIYAのラッカーパテを溶剤で溶かして筆で塗ります。

IMG_1075-1

これが塗った後で、かなり広範囲でやってます。表面処理の雑さがわかりますね。溶きパテはヒケやすいので、厚めに塗っています。

今回で2回目の溶きパテ処理(1回目はキュベレイ)なのですが、はじめて缶サフの上で行ないました。ちょっと成分が違うせいか、
サフが糸を引いてはがれてしまい、表面がデコボコになってしまいました。これぐらいなら紙ヤスリでなんとかなるので心配ないのですが、
瓶サフでは、こんなことがなかったのでビックリしてます。

次はいつの日になるかわかりませんが、その時はペーパー掛けの予定です。

ノイエ・ジール::缶サフ

2006年10月15日 日曜日

明日から新しい職場なので、今からドキドキです。

こんばんはw bulldogです。

表面の確認のため、久しぶりの缶サフを吹いてみました。

IMG_1067-1

エアブラシに慣れてしまったせいか、勢いよく吹き出る缶サフにビックリ。軽く表面を吹くつもりでしたけど、サフが一定していません。まぁ、
良いか。。。

でもサフをして効果覿面です。気づかなかった擦り傷やヒケ、不十分な合わせ目消しを見つけることが出来ました。なるほどね!
こうやって上手な方を表面をキレイにしていくんですね!

今回見つかったところはラッカーパテにて埋める予定です。その後、また全体をペーパー掛けして、再度サフ吹きします。これの繰り返しかな。
。。

明日は多分、ガンプラ弄りは無理でしょう。。。

ノイエ・ジール::ペーパー掛け

2006年10月15日 日曜日

休止予告をしてから3日。やっぱり時間があれば作っちゃいますw ガンプラ作ると落ち着きますね。

こんばんはw bulldogです。

ノイエ・ジールです。これはコンペ用なのですが改修はしませんです。強いて言えば、スジ彫りとパーツ分けをしたぐらいですが、
塗装でPeckさんの作例みたいなMax塗りでがんばってみたいと思ってます。

ところで、今日はペーパー掛けをメインにやりました。こんな感じ。

IMG_0953-1

先日行ったケガキ針によるパーツ分けのバリ(プラめくれ?)を除去するために、その箇所をスチールウールで除去しました。その後、
600番の紙ペーパーで全体を掛け、1000番の耐水ペーパで水研ぎしました。ヒケなどが数箇所ありましたが、
これの処理は後回しにして水洗いまで済んでます(上記の写真は水洗い後の写真です)。

明日時間があれば、缶サフで軽く全体に吹いてみて、表面チェックをしてみたいと思います。そのついでに先ほどのヒケをパテで直す予定です。
キュベレイのグロス塗装のおかげで、表面塗装がキモということを理解したので、サフを繰り返して、表面をキレイにしていく予定です。

 

ノイエ・ジール::ゲート処理とパーツ分け その2

2006年10月11日 水曜日

久しぶりにスーツを着ました。ベルトが必要ありませんでした。orz… まだ、ボタンが何とか留まるので、
もう少し太っても良いようです。

こんばんはw bulldogです。

今日は昨日の続きです。昨日の残りのパーツのゲート処理とパーツ分けを行いました。それと、
あまり目立たなかったパーツ分けをがんばって彫りなおしてみました。こんな感じ。
IMG_0951-1

微妙。。。実物を見ればよく分かるんですが、写真だとわかんないですね。写真に写らないと意味ないんで、どうしようかな。。。一先ずは、
これで良しとしておきます。

明日以降は、パーツ分けで捲り上がったゴミをスチールウールで除去し、時間が許す限り600番のペーパーで表面処理を行う予定です。

ノイエ・ジール::ゲート処理とパーツ分け その1

2006年10月11日 水曜日

キュベレイのクチバシが折れちゃったよぉぉぉぉぉぉぉ。やっぱり、リテイクすべきなんだよなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。瞬着だけでいいや!
という悪魔の声がずーーと聞こえてるんだけど。。。

こんばんはw bulldogです。悪魔の声に負けそうです。

今日は久しぶりのノイエ・ジールです。週末に何とか塗装作業が出来そうなのは、この手抜き製作のノイエ君を置いて他にナシ。

んで、今日はゲート処理とケガキ針でパーツ分けをやりました。こんな感じです。

IMG_0949

パーツ分け? んーーー!わからん。全然わからん。やってないのと同じじゃん。もうちょっと、
大胆にパーツ分けをやった方が良いみたいですね。明日は最履修だw。

ところで、先週末にダイソーで以下の入れ物を買いました。

IMG_0946-1

少し便利になった気がしてます。気のせいかも。。。 それと、旧キットの1/144ゾゴックも買ったよ。
よくよく見るとズゴックとかなり違うのね。そういえば、THさんゾゴックってどうなったのかな!
?と言ってみる(笑)。

ノイエ・ジール::製作方針と接着

2006年9月19日 火曜日

子供たちの運動会の季節が近づいてきました。すごく楽しいイベントなのですが、少しイヤなイベントでもあります。それは、場所取り。
よい場所を確保するために早起きをするのですが、小学校のルールで、AM7:00からしか場所の確保ができません(ちゃっかり監視員もいます)。
そのためAM7:00まで行列をつくって待つことになります。昨年はAM4:00頃に到着したのですが、既に100名を超えていました。
大人数の小学校なのに、グランドが狭く必然的に父兄が見る場所が狭くなるのが原因です。どこか広い運動場を借りてやればよいのに。。。
と毎年思います。

こんばんはw bulldogです。

ノイエ・ジールの製作方針です。

かの有名なPeck
World
のPeckさんのノイエ・
ジール
をお手本にすることにしました。当然と言えば当然ですが、すごくかっこよく仕上げられておりまして、
是非マネさせて頂きたいと思いました。特に合わせ目の箇所を観察したところ、かっこよいラインとして生かされておりました。また、
それをより良く解釈するのに相応しくMAX塗りで表現されております。んーーー!すばらしい。
私のスキルで真似できる範囲でマネしてみたいと思っております。

それで本日の作業ですがパーツの接着を行いました。接着したパーツは、こんだけです。

IMG_0659-1

少な! 肩(? )にあたる部分、後方の羽根、そして前腕部のみです。それ以外の箇所は接着すら行わず、パチ組みでいこうと思ってます。
さてさて、吉と出るか、凶と出るか。。。楽しみ。