‘旧HG グフフライトタイプ(中断)’ カテゴリーのアーカイブ

グフ・フライトタイプ::改修(肩関節、スカート、胴体)

2006年10月5日 木曜日

今更ながら、Apache Axisを試してみた(ガンダムのアクシズではないよw)。JavaでSOAPを行う場合、
これが定番のようですね。Axisの設定のサーバ側のプログラム自体は特に難しくはないけど、クライアントのほうは面倒くさいですね。やっぱ、
Rubyがいいや!

こんばんはw bulldogです。

今日は稼動箇所を中心に改修を行いました。

まずは、肩関節から。

IMG_0825

IMG_0823

IMG_0824

 

 

 

 

先日作り込んだ肩関節のスイングの確認です。前後にスイングできます。稼動軸のプラ棒が丸見えなので、
このあたりも最終的にはディテールアップする予定です。

次はスカートです。軸受けを取り付けました。

IMG_0829

IMG_0827 IMG_0828

 

 

 

 

軸受けの写真とサイドスカートがスイングできます。

IMG_0830

次は胴体部です。

胴体の下部にポールジョイントをつけました。まだ受けの部分は取り付けてませんが、コレによって回転(あまり回りませんが)はもちろん、
前後左右に胴体を傾けることができます。

 

IMG_0831

最後は胸部です。

このグフは足が巨大ですが、それ以外は小ぶりです。なので若干ですが胸部もボリュームアップしたほうが良いと判断し、
1.2mmのプラ版で肩の両サイドと前部のでっばりを増幅しました。後日キレイに仕上げる予定です。

太ももより上の部分で、まだ基本工作が終わってないのは、頭部と肘関節だけとなりました。これが終われば、
1つ目の山は越えたことになります。

明日は週末の鏡面塗装に備えて、キュベレイの下地処理を行う予定です。今週末でキュベレイは終わりそうです。それが終わったら、グフ・
フライトタイプは小休止して、ノイエ・ジールをやります。そうしないと再来週末の楽しい塗装ができないので。。。。

では、でわw

 

 

グフ・フライトタイプ::スカートまわりの改修 その2

2006年10月4日 水曜日

昨日は久しぶりのガンプラ弄りをお休みしまいた。その代わりに、パソコンとTVに没頭してました。特にTV、そう! アン・フェアー。
こいつは以前の放送からお気に入り。昨日も期待を裏切らずに面白かったです。それに来年の3月に映画化とは!もしかして、
SEEDとダブルのかな。。。

こんばんわw bulldogです。

今日も引き続き、スカートまわりの改修です。今日の作業はこんな感じです。

IMG_0817-1

胸部は 腹部を後ハメできるように加工してから前後のパーツを接着。中がグチャグチャしているのは、
先日改修した肩関節のスイング機構のため。腹部はアートナイフでパテを整形。後日再度キレイにする予定です。

IMG_0819-1

太ももは先日片方のパーツ(穴が無いほう)だけプラ版に接着していましたが、今日はもう片方を接着しました。
これで2.4mm幅を広げたことになります。後日、これも整形予定。

IMG_0822-1

スカート部。先日接着してプラ版をアートナイフで大雑把に整形。これも後日整形予定。
サイドスカートのクリアランスを調整するために微調整を繰り返しました。まだ可動軸はつけてませんが、こんな感じでどうでしょう?

このグフ・フライトタイプは、太ももより下が特徴的なので、ここで一番の改修ポイントになると思います。なので、この部分は後回しにして、
太ももより上側を先に作っていきたいと思ってます。

グフ・フライトタイプ::スカートまわりのプラ版による改修

2006年10月2日 月曜日

AM4:45起床し、運動会の場所取りに直行しました。AM7:00から場所取り開始なのでそれまで整列して並びます。
それまで待つのが暇で暇で仕方がないのです。今回は4度目のベテラン(?)なので、iPodならびにノモ研を持参しました。
前半は暗かったし眠かったので、うつらうつら。後半はiPodを聞きながら、ノモ研を読みながら模型技術の勉強をしました。でも、
肝心の運動会は。。。死んでました。

こんばんはw。 bulldogです。慣れない早起きはするものではありません。

今日はスカート内側を0.3mmプラ版にて塞ぎました。こんな感じです。

IMG_0816-1

今回、目標としているのが、できるだけパテに頼らず、可能なところはプラ版で工作するということです。なので、
スカートの裏側はプラ版で塞いでみました。ちょっと大きめに切って貼り付けてますので、乾燥後にヤスリで整形する予定です。
それとこれの接着に先日購入したWAVEの瞬間接着剤を使ってみました。これってよいですね!粘度が低いので、
水みたいに流れることに最初は戸惑いましたが、すぐにパーツが接着されるし、慣れてくると便利なことこの上なしですね。
今度からこれで行ってみよう!

それと手前に見える2つの物体は両サイドのスカートの可動させる軸受けです。ポリパーツとプラ版にて工作しました。
上記のスカートの整形が終わったら取り付ける予定です。これで両サイドのスカートがめくれるでしょうw

 

 

グフ・フライトタイプ::プラ版とパテによる改修 その1

2006年10月1日 日曜日

小学校の運動会が雨で順延しましたので、明日は会社を休んで子供の応援に行ってきます。
場所取りのためAM4:30に起床予定(ちなみに今朝も一応起きた)です。なので、このブログを書いたら寝ます。

こんばんはw bulldogです。

本日は塗装ブースを自作しようとして、量販店に材料を買い求めに行きましたが、メインの換気扇が高い!なんで5000円もするの!
ということで安売りになるまで気長に待つことにしました(この辺は気が長い私であった)。

それでグフフライトタイプです。今日はプラ版とかパテなんかで改修しました。

IMG_0753-1

今日の作業方向です。

  • 切断したスカート類は、横の切り口が丸見えなので0.3mmのプラ版で塞ぎました。プラ版はあとの整形のために、
    ちょっと大きめにしています。
  • 太ももは1.2mmプラ版を2枚重ねて増幅。それに合わせて、股関節のポリキャップの位置を変更し、瞬間接着剤とアルテコで補強。
  • 胴体部は切断部分をポリパテで補強。後日整形して調整する(写真の黄色やつ)。
  • 足は切り離した大きい方の四角の穴をキレイに整形し、左右で0.5mmずつ広げた。また、小さい方は1mm幅詰めした。
    これにより内部にポリキャップを仕込むことで新しい可動部分を作る予定。
  • 以前、新規に作った肩関節部をアルテコにて補強した。

こんな感じですかね。ある程度、プロポーション関係の改修が終わったら、
今回は”面出し”とか”エッジだし”とかにチャレンジしてみたいですね!あれは、かっこいい!でも、うまくいくかな。。。

グフ・フライトタイプ::下肢部の改修 その1

2006年9月27日 水曜日

近々職場が変わる可能性が高くなってきました。なので、当面の間、ガンプラを弄る時間が少なくなりそうな予感です。せっかく、
面白くなってきているので残念です。

こんばんはw bulldogです。

今日は下肢部を弄りました。エアダクト(?)と思われる箇所を完全に除去しました。除去する前はこんな感じ。

IMG_0739-1

これから外側にそれぞれ2つずつあるプロペラ付きダクトと全部のエアダクトを開口しました。こんな感じ。

IMG_0741-1

計6箇所を開口するだけで2時間もかかってしまいました。使った工具と手順はピンバイスでメッタ刺し後、デザインナイフで残骸を除去。
最後に鉄やすりで整形という手順です。もっと効率よくする方法があったら是非教えてくださいですw。

まだ先ことですが、開口した前部のダクトはプラ版にてそれらしく作り直し、外側のダクト(計4つ)は、
プロペラを仕込むのがベストなのでしょうが無理っぽいので、アルミ製のメッシュ状の市販パーツとプラ版でデコレートする予定でいます。

あちこち弄り甲斐のあるキットなので、毎日どこかを切断しています。ほんとに完成するのか心配ではありますが。。。。

グフ・フライトタイプ::足首部分のゴニョゴニョ

2006年9月26日 火曜日

今日は2体がんばってみました。

こんばんはw bulldogです。

キュベレイのスミ入れの後に、グフカスタムを弄ってみました。当初の本日の予定は腰部とスカート部の改修でしたが、
気分がのらなかったので、気になっていた足首をゴニョゴニョしました。こんな感じ。

足首は全くをもってダサすぎます。フライトタイプと言う割には、足の裏はバーニアっぽい段差があるだけで、全くリアリティがないです。
それに足首全体の作りもどうかなぁと思いましたので、上記の箇所でガサッと切断しちゃいました。

これでバーニアの取り付けもやりやすくなりますし、
切断したパーツにポリキャップを仕込めば新たな可動ポイントも増えますので一石二鳥ですね。

キュベレイ::肩関節と腹部の改修 その1

2006年9月25日 月曜日

昼休みのジョギングを再開しました。約2ヶ月ぶりです。2Km弱ぐらい走ったのですが身体がとても重かったです。今現在、
私の膝が大笑いしています。明日は大丈夫だろうか。。。

こんばんはw bulldogです。高校時代の体力が懐かしい今日この頃です。

週末はキュベレイの塗装で大忙しなので、平日はグフとかノイエでがんばります。

今日は肩関節と胴回りの改修を行いました。こんな感じです。

IMG_0732-1

肩関節は関節軸用の穴を開口し、その内部に1mmプラ板でポリパーツをはさみ、軸が前後にスイングする軸受けを作りました。ちなみに、
現在WAVEのプラサポを切らしてましたので自作でのり切りました。

腹部は前回腰部と切り離したため、かなり乱雑になってました。そこで、
この辺をパテで整形するためのベースとして内部にプラ版を貼りました。
これはアートナイフやPカッターでスジを入れて曲げた1mmプラ版を3分割して取り付けてます。明日以降に底面にプラ版を貼り、
その中央部に回転軸を受けるポリパーツを仕込みます。その後、パテを盛ってキレイに整形する予定です。

明日は腰部かスカート部を改修したいと思います。

グフ・フライトタイプ::切断 ~胴体部~

2006年9月20日 水曜日

最近、過食気味で胃の消化が間に合いません。それでも、食べてしまいます。まだ、食べています。多分、
これはストレスでしょうw当然は体重は二次曲線ですw

こんばんはw bulldogです。

グフフライトタイプは旧HGなので、下の写真のように腹部、腰部、スカートが一体化されていて、ちょっとイマイチ君です。なので、
今日は可動範囲を広げるのを目的にバリバリっと切断しました。

IMG_0661-1 

切断後はこんな感じ。

IMG_0664.-1JPG

切断するために使ったツールは、デザインナイフ、ピンバイス、ノコ、エッジングノコです。特に大変だったのは腹部と腰部の切断です。
ここは曲線が多く、かつ奥に位置するのでノコタイプのものは使い物になりません。そこでピンバイス0.3mmを使って、
根気強く曲線に沿って穴を開口していき、最後にデザインナイフで切り離しました(疲れた)。

見てのとおり切断した箇所は、腹部と腰部、スカート部の横側です。これで腹部を左右に回転する改修とスカートが横に広がる改修ができます。

ちなみに切断後の感想ですが、「ほんとに大丈夫かな?」という不安な感情がドロドロと沸いてきており後悔しております。。。。
orz

グフ・フライトタイプ::仮組み

2006年9月16日 土曜日

現在製作中のHGUCキュベレイは、グロス塗装を敢行することになりましたので長期戦の様相です。でも、
キュベレイ以外に年内までに仕上げないといけないコンペ作品が2つあります。ということで、まず、その1つを開始したいと思います。

こんばんはw。bulldogです。

さて、本題。年内にKMCでWEBコンペを実施する予定です(まだ、
オフ会などは参加しておりませんが一応メンバーのつもり。次のオフ会は是が非でも参加したいと思ってます)。
そこに出品するガンプラを色々検討した結果、めでたく旧HGのグフ・
フライトタイプ
に決まりました。

これです。

IMG_0600-1

IMG_0599-1

パッケージと中身です。パーツ量は多くも無く少なくも無くという感じです。値段は定価で1,050円と非常にお安くなっております。
早速2時間かけて仮組みをしてみました。次をご覧下さい。

IMG_0613-1

 

IMG_0624-1

IMG_0626-1

IMG_0625-1

どうですか!すごくカッコいいんですよw。グレーとブラックの色使いのせいでわかりにくいのですが、すごくスタイルが良いです。
下手なHGUCよりも、こいつはかっこいい!良い選択をしました(自画自賛)。これで驚くことなかれ!左腕がまた凄い!次を見てちょうだい!

IMG_0621-1

ノーマルの手首

IMG_0623-1

5連マシンガン

IMG_0618-1

3連装35mmガトリング砲(ノーマルのシールド付き)

IMG_0614-1

ガトリングシールド(グフカスタムと共通)

写真がボケててすみません。すごいでしょう!これだけでワクワクしちゃいますね!

最後に先日作成したHGUC+FGニコイチガンダムといっしょに写してみました。かなり大きいですね!

IMG_0627-1

改修ポイントは後日考えるつもりですが、仮組みしていて気づいたことといえば、

  • バーニア類がちょっとね。
  • ダクト類がちょっとね
  • 肩関節がちょっとね
  • モノアイが凶暴でないのが、ちょっとね。
  • 肉抜き穴がいっぱいあるのが、ちょっとね。
  • デフォルトの色が超地味なのが、ちょっとね。
  • 足の太さの割には胴体が細いのは、ちょっとね。
  • etc…

と結構いっぱいありそうです。かなり弄りガイのあるガンプラです。とても楽しみだ!でも、年末まで間に合うかな。。。心配だ!

明日は、キュベレイの塗装と、もう1つのコンペ用のガンプラを仮組みする予定です。