いまさらながら、エヴァンゲリヲン新劇場版:序を見てきました。

やっと、「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」を今、見てきました。
大分県では10月20日が初上映で、早いところに比べると50日ぐらい遅い公開でした。
すでに、ネットなどで噂になっているように、絵がキレイだったし、久しぶりに見るEVAの世界は懐かしい気分でした。そして、あのドキドキ感がたまりませんでした。アニメを馬鹿にする大人は多くいますが、純粋にあの世界観を味わうのはとても大事なことだと思います。
この「序」は、基本的にTV版に忠実だった気がしますが、予告編にあった「破」は、異なるストーリーになるみたいです。また、見に行きたいと思います。
Zガンダム劇場版も、この手法でいけば良かったのではと、ちょっと思ってしまいました。

コメント / トラックバック4件

  1. t_k より:

    bulldogさん、お久しぶりです!
    私もヱヴァンゲリヲン見たいっす。
    おごってください!

  2. bulldog より:

    もしかして、元後輩君!?
    もう、ヱヴァは終わりましたよw
    次の「破」の時、声をかけてくれれば、考えても良いですよw

  3. t_k より:

    元ってなんですか!
    酷いっス(つд`)
    「破」の時はお願いします!

  4. bulldog より:

    現状は、”元”ですね。将来も、そうかもしれませんけどね。
    「破」の時は、声を掛けてくれれば、ごいっしょに。

コメントをどうぞ