2006年10月 のアーカイブ

キュベレイ::鏡面塗装 その4 コンパウンド

2006年10月8日 日曜日

こんばんわw bulldogです。

鏡面塗装の最終作業であるコンパウンド仕上げを行いました。作業後の写真はこんな感じ。

IMG_0924-1

コンパウンド仕上げも、粗め → 中目 → 細め と言う感じで進むそうです。
私が使ったコンパウンドは以前紹介したTAMIYAの細目と仕上げ目です。使った布はダイソーで買った「メガネ拭き」を使いました。

まずは、タミヤコンパウンド(細目)で心持ち軽めに全体を吹き上げ、次に仕上げ目でキメを細かくしていきました。その後、
スジ彫りに詰まったコンパウンドを取り除き、水洗いをした後、現在は乾燥中です。

コンパウンド仕上げをすると見違えるようにキレイな表面になりますね。かなりテカテカするようになりましたが、
上手な方が作ったような感じまでにはなりませんでした。。。まだまだですね。

ところで、Peckさんのサイトにグロス塗装をすると技術が向上すると書いてありましたが、
何となく意味がわかったような気がします。つまり、グロス塗装(というか、それまでの過程を含めて)は自分のスキルが、
そのまんま作品に反映されやすく、現在の技術レベルがわかるということだと思います。これで自分の欠点を見つけて、それを克服し、
腕を磨いていくことなのでしょうね。

私はまだまだヒヨッコなので当たり前ですが、今回の作業で数多くの欠点を再認識しました。それで思ったのは、やっぱり基本。そう基本。
これ大変重要ですね。基本に忠実でなければ、技術の向上はあり得ないですね。

あらあら、ダラダラ書いちゃいました。明日、キュベレイを組み立てたら完成です!

では、でわw

ありがとうガンプラ::リニューアル

2006年10月8日 日曜日

こんにちはw bulldogです。
最近放置状態でした一応の本家である「ありがとうガンプラ」をリニューアル致しました。
管理しているサイトが6個もあると手が回らなくなりますので廃止を考えたのですが、「我輩はプログラマーである」で使用しているWordPressというブログエンジンを使って作り直しました。少しはメンテナンスが楽になるかなぁと期待しているのですが、ギャラリー関係のページ構成はちょっと検討しないといけないようです。
今後とも当ブログありがとうガンプラ、ついでにGungleをよろしくお願いいたします。

キュベレイ::鏡面塗装 その3 Soft99クリア吹き(2回目)

2006年10月8日 日曜日

こんちはw。 bulldogです。

昨日の作業をアップし忘れてましたので、今朝アップしました。

2回目のクリア吹きです。こんな感じです。

IMG_0900-1

朝日に照らされて、なんとなく光ってるでしょ!? 昨日の水研ぎの後はマジに大丈夫かなと思ったのですが、何とかなりそうです。

昨日のクリア塗装は1回目と違ってSoft99ボデーペン クリアに Mr.Color
レベリングウスメ液を調合して吹きました。何でも、このレベリングウスメ液だと、乾燥を遅らせることで平面を均一化し、
かつ光沢を得られると言うことらしいです。

さて、この後の作業はコンパウンドによる磨きですが、人により上記の状態を1,2週間寝かせた方が良いとか、1日とか、4時間でOKとか、
いろいろ説があるようです。私は1日寝かせてやるつもりですので、今日実行します。もしかしたら今夜にはキュベレイが完成しているかも!

キュベレイ::鏡面塗装 その2 水研ぎ

2006年10月6日 金曜日

明日は次女(2才)の運動会です。次女にとっては、初めての運動会ですが、本人は全く明日のイベントのことを気にしてません。
まだ小さいので仕方がないのですが。。。徒競走で号砲が鳴ったら、素直に前に走って欲しいと心配しております。

こんばんはw bulldogです。

久しぶりのキュベレイです。明日、鏡面塗装の最後のクリアを吹くため、本日は水研ぎを行いました。

まずは、耐水ペーパー1000番にて軽く表面を撫ぜ、つづいて同じく耐水ペーパー1500番で撫で上げましたw。
それで作業後の写真はこんな感じ。

IMG_0835-1

表面の艶がかなり無くなりました。この水研ぎで、最初のクリア塗装の砂吹きの箇所を削ったためです。でも、
ほんとに最後のクリア塗装とコンパウンドで輝くのか、かなり心配ですぅ。

え~!どうする俺!どうする俺!続くぅ~! by ラ○フ・カード

グフ・フライトタイプ::改修(肩関節、スカート、胴体)

2006年10月5日 木曜日

今更ながら、Apache Axisを試してみた(ガンダムのアクシズではないよw)。JavaでSOAPを行う場合、
これが定番のようですね。Axisの設定のサーバ側のプログラム自体は特に難しくはないけど、クライアントのほうは面倒くさいですね。やっぱ、
Rubyがいいや!

こんばんはw bulldogです。

今日は稼動箇所を中心に改修を行いました。

まずは、肩関節から。

IMG_0825

IMG_0823

IMG_0824

 

 

 

 

先日作り込んだ肩関節のスイングの確認です。前後にスイングできます。稼動軸のプラ棒が丸見えなので、
このあたりも最終的にはディテールアップする予定です。

次はスカートです。軸受けを取り付けました。

IMG_0829

IMG_0827 IMG_0828

 

 

 

 

軸受けの写真とサイドスカートがスイングできます。

IMG_0830

次は胴体部です。

胴体の下部にポールジョイントをつけました。まだ受けの部分は取り付けてませんが、コレによって回転(あまり回りませんが)はもちろん、
前後左右に胴体を傾けることができます。

 

IMG_0831

最後は胸部です。

このグフは足が巨大ですが、それ以外は小ぶりです。なので若干ですが胸部もボリュームアップしたほうが良いと判断し、
1.2mmのプラ版で肩の両サイドと前部のでっばりを増幅しました。後日キレイに仕上げる予定です。

太ももより上の部分で、まだ基本工作が終わってないのは、頭部と肘関節だけとなりました。これが終われば、
1つ目の山は越えたことになります。

明日は週末の鏡面塗装に備えて、キュベレイの下地処理を行う予定です。今週末でキュベレイは終わりそうです。それが終わったら、グフ・
フライトタイプは小休止して、ノイエ・ジールをやります。そうしないと再来週末の楽しい塗装ができないので。。。。

では、でわw

 

 

グフ・フライトタイプ::スカートまわりの改修 その2

2006年10月4日 水曜日

昨日は久しぶりのガンプラ弄りをお休みしまいた。その代わりに、パソコンとTVに没頭してました。特にTV、そう! アン・フェアー。
こいつは以前の放送からお気に入り。昨日も期待を裏切らずに面白かったです。それに来年の3月に映画化とは!もしかして、
SEEDとダブルのかな。。。

こんばんわw bulldogです。

今日も引き続き、スカートまわりの改修です。今日の作業はこんな感じです。

IMG_0817-1

胸部は 腹部を後ハメできるように加工してから前後のパーツを接着。中がグチャグチャしているのは、
先日改修した肩関節のスイング機構のため。腹部はアートナイフでパテを整形。後日再度キレイにする予定です。

IMG_0819-1

太ももは先日片方のパーツ(穴が無いほう)だけプラ版に接着していましたが、今日はもう片方を接着しました。
これで2.4mm幅を広げたことになります。後日、これも整形予定。

IMG_0822-1

スカート部。先日接着してプラ版をアートナイフで大雑把に整形。これも後日整形予定。
サイドスカートのクリアランスを調整するために微調整を繰り返しました。まだ可動軸はつけてませんが、こんな感じでどうでしょう?

このグフ・フライトタイプは、太ももより下が特徴的なので、ここで一番の改修ポイントになると思います。なので、この部分は後回しにして、
太ももより上側を先に作っていきたいと思ってます。

グフ・フライトタイプ::スカートまわりのプラ版による改修

2006年10月2日 月曜日

AM4:45起床し、運動会の場所取りに直行しました。AM7:00から場所取り開始なのでそれまで整列して並びます。
それまで待つのが暇で暇で仕方がないのです。今回は4度目のベテラン(?)なので、iPodならびにノモ研を持参しました。
前半は暗かったし眠かったので、うつらうつら。後半はiPodを聞きながら、ノモ研を読みながら模型技術の勉強をしました。でも、
肝心の運動会は。。。死んでました。

こんばんはw。 bulldogです。慣れない早起きはするものではありません。

今日はスカート内側を0.3mmプラ版にて塞ぎました。こんな感じです。

IMG_0816-1

今回、目標としているのが、できるだけパテに頼らず、可能なところはプラ版で工作するということです。なので、
スカートの裏側はプラ版で塞いでみました。ちょっと大きめに切って貼り付けてますので、乾燥後にヤスリで整形する予定です。
それとこれの接着に先日購入したWAVEの瞬間接着剤を使ってみました。これってよいですね!粘度が低いので、
水みたいに流れることに最初は戸惑いましたが、すぐにパーツが接着されるし、慣れてくると便利なことこの上なしですね。
今度からこれで行ってみよう!

それと手前に見える2つの物体は両サイドのスカートの可動させる軸受けです。ポリパーツとプラ版にて工作しました。
上記のスカートの整形が終わったら取り付ける予定です。これで両サイドのスカートがめくれるでしょうw

 

 

グフ・フライトタイプ::プラ版とパテによる改修 その1

2006年10月1日 日曜日

小学校の運動会が雨で順延しましたので、明日は会社を休んで子供の応援に行ってきます。
場所取りのためAM4:30に起床予定(ちなみに今朝も一応起きた)です。なので、このブログを書いたら寝ます。

こんばんはw bulldogです。

本日は塗装ブースを自作しようとして、量販店に材料を買い求めに行きましたが、メインの換気扇が高い!なんで5000円もするの!
ということで安売りになるまで気長に待つことにしました(この辺は気が長い私であった)。

それでグフフライトタイプです。今日はプラ版とかパテなんかで改修しました。

IMG_0753-1

今日の作業方向です。

  • 切断したスカート類は、横の切り口が丸見えなので0.3mmのプラ版で塞ぎました。プラ版はあとの整形のために、
    ちょっと大きめにしています。
  • 太ももは1.2mmプラ版を2枚重ねて増幅。それに合わせて、股関節のポリキャップの位置を変更し、瞬間接着剤とアルテコで補強。
  • 胴体部は切断部分をポリパテで補強。後日整形して調整する(写真の黄色やつ)。
  • 足は切り離した大きい方の四角の穴をキレイに整形し、左右で0.5mmずつ広げた。また、小さい方は1mm幅詰めした。
    これにより内部にポリキャップを仕込むことで新しい可動部分を作る予定。
  • 以前、新規に作った肩関節部をアルテコにて補強した。

こんな感じですかね。ある程度、プロポーション関係の改修が終わったら、
今回は”面出し”とか”エッジだし”とかにチャレンジしてみたいですね!あれは、かっこいい!でも、うまくいくかな。。。

お買い物::コンパウンド etc…

2006年10月1日 日曜日

こんちはw bulldogです。そういえば、昨日買い物をしたので、そのリストを書いておきます。

IMG_0751

  • WAVE 瞬間接着剤 人気のものみたい。3本入って500円未満とはお得。
  • TAMIYA コンパウンド 細目
  • TAMIYA コンパウンド 仕上げ目
  • TAMIYA エポパテ 速硬化タイプ  高密度タイプを持っているけど、硬化後の整形が大変なので、こっちを買ってみた。
  • Mr.Hobby レベリングウスメ液 キュベレイの最後のクリア塗装の時に、こいつを使う予定。