グフ・フライトタイプ::改修(肩関節、スカート、胴体)

今更ながら、Apache Axisを試してみた(ガンダムのアクシズではないよw)。JavaでSOAPを行う場合、
これが定番のようですね。Axisの設定のサーバ側のプログラム自体は特に難しくはないけど、クライアントのほうは面倒くさいですね。やっぱ、
Rubyがいいや!

こんばんはw bulldogです。

今日は稼動箇所を中心に改修を行いました。

まずは、肩関節から。

IMG_0825

IMG_0823

IMG_0824

 

 

 

 

先日作り込んだ肩関節のスイングの確認です。前後にスイングできます。稼動軸のプラ棒が丸見えなので、
このあたりも最終的にはディテールアップする予定です。

次はスカートです。軸受けを取り付けました。

IMG_0829

IMG_0827 IMG_0828

 

 

 

 

軸受けの写真とサイドスカートがスイングできます。

IMG_0830

次は胴体部です。

胴体の下部にポールジョイントをつけました。まだ受けの部分は取り付けてませんが、コレによって回転(あまり回りませんが)はもちろん、
前後左右に胴体を傾けることができます。

 

IMG_0831

最後は胸部です。

このグフは足が巨大ですが、それ以外は小ぶりです。なので若干ですが胸部もボリュームアップしたほうが良いと判断し、
1.2mmのプラ版で肩の両サイドと前部のでっばりを増幅しました。後日キレイに仕上げる予定です。

太ももより上の部分で、まだ基本工作が終わってないのは、頭部と肘関節だけとなりました。これが終われば、
1つ目の山は越えたことになります。

明日は週末の鏡面塗装に備えて、キュベレイの下地処理を行う予定です。今週末でキュベレイは終わりそうです。それが終わったら、グフ・
フライトタイプは小休止して、ノイエ・ジールをやります。そうしないと再来週末の楽しい塗装ができないので。。。。

では、でわw

 

 

コメント / トラックバック2件

  1. エール より:

    どもども~エールです.
    このエントリのタイトル
    『グフフ・ライトタイプ』
    なんか変ですよ(笑)
    でも心なしかこれはこれで意味があるような

  2. bulldog より:

    エールさん、お久しぶりです。
    あら、ほんとだw!お恥ずかしいw 
    即効で修正しましたです。
    でも、ほんとに、これはこれで意味があるようなw 軽い萌えかなw

コメントをどうぞ