グフ・フライトタイプ::下肢部の改修 その1

近々職場が変わる可能性が高くなってきました。なので、当面の間、ガンプラを弄る時間が少なくなりそうな予感です。せっかく、
面白くなってきているので残念です。

こんばんはw bulldogです。

今日は下肢部を弄りました。エアダクト(?)と思われる箇所を完全に除去しました。除去する前はこんな感じ。

IMG_0739-1

これから外側にそれぞれ2つずつあるプロペラ付きダクトと全部のエアダクトを開口しました。こんな感じ。

IMG_0741-1

計6箇所を開口するだけで2時間もかかってしまいました。使った工具と手順はピンバイスでメッタ刺し後、デザインナイフで残骸を除去。
最後に鉄やすりで整形という手順です。もっと効率よくする方法があったら是非教えてくださいですw。

まだ先ことですが、開口した前部のダクトはプラ版にてそれらしく作り直し、外側のダクト(計4つ)は、
プロペラを仕込むのがベストなのでしょうが無理っぽいので、アルミ製のメッシュ状の市販パーツとプラ版でデコレートする予定でいます。

あちこち弄り甲斐のあるキットなので、毎日どこかを切断しています。ほんとに完成するのか心配ではありますが。。。。

コメント / トラックバック3件

  1. musessou より:

    ヘディングハンドィングってやつですかw
    たしかリューター持っていたような気が・・・
    改造したこと無い者からのアドバイスです、プロペラ付きは全部切り取ってから装甲ごと後ハメっていうのもどうですか?

  2. TH より:

    正面はリューターのノコギリかレーザーソーでで両脇の縦側を下から上に向ってカット。
    その後、繋がっている上の方に横向きにカッターで傷をつけてからパキッと折ります。
    後はデザインナイフで綺麗にすればOK。
    横のローター部分はリューターに付けたドリルでガンガン開口。
    その後、デザインナイフで残骸を除去して、デザインナイフを使ったカンナ削りで綺麗にします。
    ラインが真直ぐにならなかったら鉄ヤスリを使いますが、私はデザインナイフのカンナ削りでほとんどやってしまいます。
    リューターやレーザーソーを使えば、開口だけなら10分ぐらいでできるかも。

  3. bulldog より:

    無節操さん>>
    そうっす!リュータもってますよw
    でも、ドリルタイプのビットをもってなかったんですよね。今度買っておきます。
    後ハメですか!こいつはちょっと難しいかもです。
    THさん>>
    なるほどですね。簡単そうです。
    やっぱり、ドリルタイプのビットは必須ですね。たまたま、昨日量販店に行ったときに見たのですが、使えそうなのが500円程度でありましたので、今度買いますよw

コメントをどうぞ