ガンダム::胴体改修 (その1)

先日まとめたガンダムの製作方針のうち、もっとも厄介な胴体の改修から取り掛かりました。
胴体(胸部、腹部)はFGガンダムのものを使用するので、写真のように腹部と腰部を切断し、胸のダクトは開口しました。

不必要な腰部ですが、残った部品を集めれば1体分のガンダムになる計算なので(当たり前)、それらの部品を使ってラストシューティングを作りたいと思っています。ですから、できるだけきれいに切り離しました。
それと胸のダクトはピンバイスで数箇所開口して、デザインナイフと鉄やすりで整えました。
胴体と肩の間接部分はHGUCの間接のものを移植する予定ですので、写真のように開口しました。

本日の作業で一番厄介だった作業がダクトのフィンの作成です。
0.3mmプラ板を台形に切った物を6個作成し、それを開口したダクトに取り付けるのですが、これがなかなかうまくいかない。。。かなり時間がかかってしまいました。
なんとか出来上がった写真はこちら。

ちょっとでぱっている箇所とかありますが、接着剤が乾いたら高さなどを調整する予定です。
上記以外にもパーツの接着、プラ板の積層の作成など結構やりました。
んで、このガンダムの出撃(予定)コンペはこちら!!

まだ、参加宣言してないっす。かたちになってきたら宣言します。

コメントをどうぞ