簡易ガンプラ撮影環境を作ってみた

ガンプラ製作も下手であるが、ガンプラ撮影も下手である。
下手は下手なりにがんばらなきゃね!
ということで、本日は簡易ガンプラ撮影環境を作ってみました。
これは以前、モデラー仲間の人達から教えてもらった方法で、お手軽なものです。
用意したものは以下の品々です。
・段ポール 1個
・アルミホール 少々
・グラデーションペーパーもどき 1枚 (作り方は下のほう参照)
・習字紙 2枚
全ての材料は家にあったので、かかったお金は0円です。
それと製作時間は20分。お手軽です。
作り方ですが、、、まずは、作ったものを見てもらったほうが早いです。
実際に撮影しているところの写真です。

すごい適当に作っているのがすぐわかりますね。
ダンボールの上から蛍光灯を照らしてます。
正面から見たところ。

作り方ですが、
1. ダンボールの上面と前面をカッターにて除去
2. 内側の左右の面にアルミホールを貼り付け
3. 内側奥面からグラデーションペーパーもどきを敷く。長さが足りなかったのでA4紙で補足
4. 上面を習字紙で覆う
以上。
すごい雑ですが、簡単でしょ!
それとミニ三脚が重宝します。近くのパソコンショップで500円程度。実際に写すときはデジカメのタイマーをセットして写すので手ぶれは起きにくいです。
こちらの写真のほうがわかりやすいですね。

ところで、「グラデーションペーパーもどき」の作り方ですが、「小物の撮影時に役立つグラデーションペーパーを格安で自作!」を参照しまいた。何を隠そう、この記事を見て簡易撮影環境を作ってみたくなりました。
それで、写してみた写真がこれ。

うーーん。微妙。
難しいですね。写真撮影は。
ほんとは鮮やかでシャープな写真を撮りたいんですよね。。。。
光が足りないのか、デジカメが悪いのか、デジカメの設定がまずいのか、やっぱり腕が悪いのか。。。
ちなみに撮影したときの状況は、以下のような感じです。
・部屋の中を真っ暗(怪しい)
・蛍光灯のみ点灯(さらに怪しい)
・デジカメにてガンプラ撮影(吐血)
使ったデジカメは5年前のもので200万画素しかないCanon PowerShotA20です。
カメラのことは詳しくないので合っているかどうかわかりませんが、以下のような設定で行いました。
・マニュアル撮影
・フラッシュなし
・マクロON
・露出補正±
・ホワイトバランス 蛍光灯モード
さらに精進せねば!

コメント / トラックバック2件

  1. TH より:

    お手軽に作ってますけど、結構機能的な撮影ブースですね。
    私も箱タイプの撮影ブースを作りたいと思っているんですよ。
    いつもは、テーブルの上を片付け、スタンドやレフ板をセッティングして撮影という感じなので、気軽に撮影ができないです。

  2. bulldog より:

    THさん、こんちはw
    作ってみて反省点が何個かありまして、今度また作ってみたいと思います。
    カイゼンしないといけないのは箱の大きさと、やっぱグラペの大きさかな。。。

コメントをどうぞ